子供に謝るということ と 今日の夕飯の野菜丼

先週から下の子の幼稚園準備で忙しく、私も余裕が無い週です。

いつもならイライラしないことでも、「今忙しいからちょっと待ってよ」

なんてキツイ口調で言ってしまったり、今日もスーパーマーケットで

下の子が迷子になりかけた時に「何でちゃんと見てないの!」なんて

叱ってしまいました。

子供は素直なので、「ごめんね、ママ」と謝ります。

今日の夕飯の準備の時に、あれこれお手伝いしようとする

上の子を見て切なくなってしまいました。

私があんなにイライラした態度をとったのに、私に優しく

接しようとする上の子。本当に反省しました。

「ママ、今週は時間がなくて、とってもイライラしてたの。

さっきのスーパーの出来事だって、○○(上の子)のせいじゃないのに

嫌な態度をとってごめんね。」

と話しました。

私はいつも、自分が悪いことをした時には謝りますが、

子供は本当に素直で、すぐに「大丈夫だよママ」と

言ってくれます。

そしてまたまた反省、、。私は子供から謝られても

素直に許せない時もあるのに、と。

今日はベッドの中で沢山ぎゅーーをしました。

まだまだ小さい背中をさすりながら、

子供に愛しさを感じました。

子供達には素直な人に育ってほしいと願っています。

それには、親である私たちも素直にならないと、、と

思います。

今日の夕飯は手抜き夕飯。

冷蔵庫にある余り野菜とだし汁たっぷりで、

丼ものを作りました。

お出したっぷりきいていて、子供たちもパクパク食べてくれました。

以上、ふと、たちどまる でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。