絵本を1万冊読んだ私がオススメする 絵本13冊

上の子の絵本読みは軽く1万冊以上超えています。

今日はその中でもオススメする絵本を紹介したいと思います。

小学校低学年頃まで楽しんで読めると思います。

❶かばくん

とにかく、とても情景が美しいです。
夕焼けの色の使い方や言葉のリズムが、「美しい」と思える1冊です。
文字も少なく幼稚園向けだと思いますが、この美しさは小学生低学年へも
是非伝えたいと思います

❷ちいさなクレヨン
 「物を大切にすること」と「他人を思いやること」、優しい気持ちになる1冊です。
心を育てる本の1冊だと思います。

❸こんとあき
 
少し不思議な世界観だと思います。不思議だけど吸い込まれてしまう、何度も子供が読みたくなる本です。
林さんの本は優しい雰囲気の本が多いので、特に女の子が好きになると思います。

❹ちょっとだけ
可愛らしい表紙だと思い手に取ったのですが、不覚にも私が泣いてしまいました。
2番目、3番目が生まれたお母さんにプレゼントしたい本です。
上の子の頑張り、気持ちがよく表現されていて、大人が子育てで余裕がなく、忘れてしまいそうな
子供の気持ちを思い出させてくれます。大人だって頑張ってるけど、
お兄ちゃんお姉ちゃんだって頑張ってる!と気づくはずです。

❺かわいそうなぞう
これは名作ですよね。涙が溢れてきてしまい、最後まで読めません。
戦争のむごさ、揺れ動く人の心理描写がよく描かれています。
これが理解できるのは年長〜かなと思います。
上の子は寂しい気持ちになるからと積極的に読みたがらないですが、
子供に戦争のことを教える本でもあるので、読んで聞かせたい1冊です。
 

 ❻ももたろう
日本の名作も色んな作家が書いていますが、良書と呼べるのは美しい日本語を
使っている本だと思います。
こちらの松居さんの本は、表現がとても美しいです。
日本人としてこの古風な美しさが分かる大人になってほしいと思います。
 

 ❼よるくま
こちらの本も不思議な世界観だと思います。
でも、親子の会話がとても優しく、ほっこりとする1冊だと思います。
 

 
❽ちいさいおうち
こちらも名作です。
時間はどんどん移り行くけれど、いつまでもあるちいさいおうち。
大人にも子供にもオススメする1冊です。

❾からすのパンやさん
良い本はいつまでたっても良い本だと思える1冊です。
途中でたくさんのパンが出てきます。
とても楽しい本ですが少し長めなので、集中力を高めるため
にもオススメする1冊です。
他のからすの〜シリーズも好きです。

➓まあちゃんのまほう
小さなころ、誰もがもし魔法が使えたら?!なんて考えてことがあったと思います。
読んでいてとっても楽しい本です。たかどのさんの絵本は、昔は考えていた面白く楽しい
事を思い出させてくれます。
大人でこんな内容の本を書けるのはとても素敵だと思います。

11、そらいろのたね
「ぐりとぐら」くらいのヒットをしても良いと思うのに、
意外と?知られていない絵本かなと思います。
楽しい内容で、小さな子供からも楽しめる1冊です。

 12、となりのたぬき
子供だって大人だって嫌いな人はいるけど、
自分の気持ちで相手も変わる事を教えてくれる1冊です。
難しい事を、絵本で教えてくれています。
せなけいこさんは、シュールなところもありますが、
大好きな作家さんの1人です。

13、ずーっとずっとだいすきだよ
自分の想いは言葉にしないと伝わらない、が分かる本です。
「わかってるから言わなくてもいい」ではないんだよ、
と教えてくれる1冊です。

他にもたくさん絵本が思い浮かびましたが、
また別の機会に紹介したいと思います。
絵本はやはり素敵ですね。
 
 
 
以上、ふと、たちどまる  でした。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。