子供が最近本を読まないな〜と思った時にする事 〜低学年にオススメの本〜

最近、子供たちが本を自分から
読まないな〜と思ったらする事。

それは

「図書館に本を借りに行く」です。

普通すぎてごめんなさい(*_*)

でも、これ、とても効果があります。
上の子が小学校に行っている間に
ささっと借りてきちゃいます。

今は魚が好きなので、
魚関係の本をメインに。
あとは、私が読んでほしい本と、
興味がありそうな本を
ごちゃごちゃ混ぜて借りてきます。

10日おきくらいに行くのですが、
毎回30冊くらい借りてきます。

借りて来た本は、
リビングの本棚へ。

「今日は図書館で本を借りてきたよ〜!」

と言うと、喜んで本に飛びついてくれます。
本棚に30冊もあると、
好きな本を見つけられるので、
本人も楽しい様子です。

本を読む習慣をつけるためにも、
図書館利用はオススメです。

さて、今回借りてきた本で
1番のヒットはこちらです(*´ω`*)

●さかさ町 岩波書店

子供はただ面白かった!!!と読めばよいと
思っていますが、大人が読んでも奥が深いです。

題名の通り、全てがさかさまの町。
働くのは子供、ホテルは地下に作る、
ご飯はデザートからなどなど。
理由を聞くと納得。
中でも私が一番納得したのは、
歴史の勉強は現代からとの事。
子供向けですが、大人が読んでも
納得の面白さです。

この本、こんなに面白いのに
聞いた事の無い題名でした。
なんでそんなに有名じゃないの?!?!と
思い調べてみると、
出口治明さんの「教養は児童書で学べ」
で紹介されており、そこそこ知れ渡っているようです。

子供は次はどうなるの〜?!?!
と食いついてくれる事間違いなしの1冊です。

そして、もう1冊紹介を。
この本は世界で300万部も売り上げている
名作です。

●おちゃのじかんにきたとら 童話館出版

下の子が好きな本で、
度々図書館から借りてきます。

絵が素敵、外国らしい雰囲気が
でている文章も素敵、
そして、トラがやってくるという非日常と
主人公ソフィーとお母さんのやり取りが
素敵です。

よく分からないけど好きな本
というお子さんも多いのではないでしょうか。

やっぱり、絵本はいいですね〜(*´ω`*)
図書館は私も好きな場所の1つです。

上の子は、一人でも本を読みますが、
まだまだ「読んで〜」と言われる事が
多いです。
本当は自分で読めた方がよいのでしょうけど、
教科書も一人で読めてるから問題なしかな。
今は私が読んであげています。

また素敵な本を見つけたら
紹介したいと思います。

以上、ふと、たちどまる でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。