子供にイライラした時の対処法〜原因と対策を考えてみる〜

昨日も子供に理不尽に怒ってしまいました(*_*)
習い事に行く前の宿題の段取りが原因です。
今になると些細な事で、
昨日の自分を思い出すと
笑っちゃうのですが、
その時は冷静でなんて
いられませんでした(笑)。

ブログで何度か紹介しておりますが、
我が家には4歳違いで子供が2人います。
上の子は小学1年生、
下の子は今年から幼稚園生です。

下の子が産まれてから
イライラする事が多くなり、
子供に八つ当たりした事が
何度あったか、、と
思います。

「子供が2人いても
大変さが2倍にはならないよ〜」
なんて、友達に言われていましたが、
「がっつり2倍じゃん!!」
と思っていました。

産後は特にイライラがひどくて、
結構悩んでいました。

私は悩み事があると、
本屋に行って
解決策を探すので(笑)、

イライラした時の解決法を
探し歩いていました。

で、

何冊かの本に書かれていた事を纏めると、

「怒っている時は
もう1人の自分を思い浮かべ、
客観的に見つめよ」

とか、

「鏡の前で怒っている
自分を見つめよ」

とか、

「怒ったら子供から離れよ」

なんて事が書いてありました。

でも、

でも、、

自分が怒りMAXの時は、
とてもじゃないですが
冷静でいられません。

怒ってる時に
もう1人の自分を
考えられた時点で
既に冷静でいられてますよね〜。

怒ってる時は、
子供に小言を言いたくなるから
その場を離れられないし。

でも、最近読んだ本には
(親野智可等さんの本です♡
結構好きな方です。)
「怒りは100害あって1利無し」
とはっきりと書かれていて
改めて気をつけなきゃ、、、と
思いました。

改めて自分を振り返ると、
私が理不尽に怒る時は、

●心に余裕が無い時。
(子供が同じ事をしても、
心に余裕があったら
イライラしなかったりする。)

●なんでそもそも怒られるような
事をするのか理解できない。
(この時点で怒り爆発です。)

と、この辺りです。

心の余裕は自分次第だとして、
子供が怒られるような事をするのは
仕方ない(笑)!!と、今日改めて
思いました。

だって、まだ上の子は7年しか生きてないし、
下の子にかぎっては3年です。
私は30年以上生きてきたけど、
そもそも同じ物差しでは
はかれないのですよね〜(;_:)

自分が怒る原点を
突き詰めていくと、

「私だったらそんな馬鹿げた事
しないのに、なぜあなたはするの?!」

あたりだと思います(笑)。
30過ぎの大人が
7歳児に対しては
とても大人気ないのです(笑)。

なので、私のイライラした
解決策は、「客観的になる」
に似てますが、

「子供はまだ3年しか生きていない、
7年しか生きていない」

と同じフィールドに立たないことだと
思いました。

やっぱり、

「冷静さ」

「客観的になる」

事が鍵なんですよね。

それでも怒った時は、
潔く子供に謝るようにしています。
「さっきはイライラして
怒っちゃったの。ごめんね。」と。

幸か不幸か、
私がかなりの頻度で
子供に謝っているので、
子供も謝れる子になっています(笑)。

あとは、やはり、
いかに自分の心に余裕を
持てるかですよね(´;ω;`)

というわけで、
昨日の私は手抜きご飯で
心の余裕を取り戻しました(*´ω`*)

自分の心のイライラの扱い方、
まだまだ勉強が必要です(*_*)

これからは、
受験と反抗期が重なってりして、
なお大変になるのかな。。

今のうちに、色んな解決法を
見つけておきたいところです。

以上、ふと、たちどまる  でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。