今年のおすすめ本はこれ!〜❶頭がいい子のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある

頭がいい子のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある。

参考になる箇所が多かったので、私はこの本を読んでから、図鑑の場所をリビングに移しました。
リビングがガチャガチャとしているのは好きではないので、子供の手が届く一番下のクローゼットの一角に図鑑と地球儀を置いています。
明らかに子供が手に取る機会が増えました。

共感ポイント

辞典の効果的な使い方
辞典を買って自宅に置いておくだけになっている人は多いと思います。基本的な辞書の使い方、興味の持たせ方、発展した使い方までが具体的に書かれています。参考になる箇所が多いのではないでしょうか。

自立学習への自然な導入ができる。
今までは子供の疑問に親が教えていましたが、どうすれば自分から調べる「自立学習」へのステップアップできるか参考になります。自分が調べたい時にわざわざ子供部屋まで辞典を取りに行かないですよね。やはり、自分の一番近いリビングに置く事がポイントのようです。

物知り博士になるにはどうすれば良いか、具体的に書かれている。
辞典は素晴らしい!ネット検索では得られない体験ができます。幼児期から辞書に触れる事で、どうして物知り博士になれるのか書かれています。家庭保育園にも通じる考え方を感じました。

お母さんの魔法の言葉
子供は親が大好きですよね。私は忙しいとつい、「ふ〜ん、そうなんだね〜」と軽くあしらってしまう事があるので、この本を読んで反省しました。親の言葉一つで、子供は興味をますます持ち、さらに「知りたい!」の気持ちが増えていきます。

同じ種類の辞典は何冊あってもいいの?の疑問
私の子供は今、生き物にとても興味があり、既に生き物の辞典が2冊ありましたが、この本を読んでからさらに数冊買い足しました。小さい携帯用の辞典も購入しています。なぜ同じ種類の辞典を買うことが良いのか書かれています。同じ生き物の辞典でも、違いがあるので、その日の気分で読み分けているようです。

我が家の場合〜辞典と子供達

一番上の子供は、幼児教育(家庭保育園)をしていた事もあり、この本を読む前から薄い子供用辞典を与え、後に本格的な辞典を買い与えました。辞典好きに育っていると思います。今の好きな対象物が「生き物」なのですが、複数の辞典を読んでは、自分で違いをノートにまとめていました。また、ある日の週末に主人と私が起きてくると、リビングで一人で大きな模造紙に生き物辞典を作成していた事もあります。

今は下の子が動物好きになりかけているので、上の子と同様に薄い辞典を見せています。動物園に行く時には必ず持っていき、行きと帰りに見せています。

知的好奇心を育てるオススメ番組

ここで、知的好奇心を育てるオススメの番組があるので、紹介したいと思います。
幼稚園に入るまで、我が家もテレビを一切見せませんでした。幼稚園に入ってからは、興味の広がりを感じたので、約束を守ることを前提に見せています。
自分でもっと見たいけどもやめる「自制心」をつけることにもつながりますし、素晴らしい内容の番組は好奇心を広げてくれます。

見えるぞ!ニッポン(NHK)  http://www.nhk.or.jp/syakai/mieruzo/
うちの子は、この番組をきっかけに都道府県に興味を持ち始めました。なかなか面白いです。

地球ドラマチック(NHK) http://www4.nhk.or.jp/dramatic/
私も子供もとても好きな番組です。豪華客船の作り方など、毎回面白いテーマで放送しています。うちの子はこの番組がきっかけで生き物に興味を持ちました。

サイエンスZERO(NHK) http://www4.nhk.or.jp/zero/
これはちょっと内容が難しいです。子供が興味を持ったテーマの時だけ見せています。

以上、ふと、たちどまる。でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。