【子供の家庭学習】生活の中に算数を取り入れるコツ

上の子は1年生です。

公文などの先取り教育で掛け算、割り算などマスターしている子供もいると思いますが、

我が家の家庭方針は、応用が効く論理的思考を身に付けることに重点を置いているので、

先取りで掛け算、割り算に勉強時間を割いていません。

とは言え、掛け算、割り算などは普段の生活でも使う事なので、

生活に取り入れるようにしています。

上の子は、掛け算、割り算、分数の概念は理解しているようで、

先日は下の子が「この柿も半分食べたいの〜」と話していると、上の子が「2/4も食べたいの?。あ、半分って事だよ。」

と答えていました。「2/4」はまだ教えたことがなかったので、普段の生活の中でも、

分数の概念を理解しているんだなと思った出来事でした。

むしろ、ペーパーだけで覚えるよりも、普段の生活の中に算数の概念を取り入れる方が、

割り算、引き算、分数などの本当の意味を理解し、応用力がつくのではないかと思っています。

やり方を覚えるのではなく、なぜそうなるのか?という概念がわからないと、応用力がつきません。

それには、家庭での算数が身近に感じやすくわかりやすいのかなと思います。

私が普段の生活の中で算数を取り入れている方法です。

掛け算、割り算

教えやすい分野だと思います。

・葡萄など(フルーツをわざと小さめに切ったりもします)を食べさせてあげる時に、

1人1人に分けさせます。「1人4個ずつ食べれるね! 12個を3人(平日は子供と私のみが多いので3で割ることが多いです)で

分けると、1人4個だね!これが割り算だよ!」のように、さりげなく割り算を使います。

・上の子ちゃんと、下の子ちゃん、私で、みんなそれぞれ3個ずつクッキー食べよう!

全部で何個だ〜?など、掛け算、割り算は特に食事中は教えやすいと思います。

分数

分数は小学校でつまずきやすい分野の1つです。

ペーパーだけではわからないので、基本は生活の中で概念を教えます。

元の大きさを「1」として考える事を認識させます。

ホットケーキなど丸いものを切り分ける時に、半分は1/2と同じだね!など話します。

1度で教えようとはせずに、色々な機会で、繰り返し3/1、4/1など、目の前で見せてあげることが大切かなと思います。

この間、レゴで分数を教えると分かりやすい!との内容をネットで見つけました。

使えそうな内容だったので、興味のある方は検索して見てください。

「分数 レゴ」検索で色々と出てくると思います。

量計算

量も小学校で苦手分野になる子が多いのではないかと思います。

大人では当たり前の事に分かりますが、低学年では

そもそも「量」って何?ではないでしょうか。

1000gで1kgと言われてもピンときませんよね。

この間は雨続きだったので、自宅でスイートポテトを子供達と一緒に作りました。

材料の計量をする際に、目の前で量りを使い、gを教えました。

1000gは1kgなんだよ〜と言っても、「よく分からない」と言われたので、

実際にg数を増やしていって見せてあげました。1000g、2000g と、数字が大きくなるほど言いにくいから、

1000gを1つのまとまりにして1kgと言うの。といった感じです。

掛け算の暗記の仕方

99の掛け算CDをかけ流していました。
私が思いついた時に、CDと同じ音楽で、覚えさせています。
暗記時間を短く繰り返すがポイントです。

習い事の帰りに2の段、お風呂の中で3の段など、本人が
やらされてると思わないように教えていきます。

暗記物は、1時間ぶっ通しでするのより、10分間を6セットした方が
より多くの事を覚えられます。

上の子は、この方法で苦労なく99を覚えているようです。

***

今後の予定としては、普段の家庭学習時間の中で、2、3問ずつ問題を

出していきたいと思っています。

まだ1年生なので、基本的計算のみの習得を考えています。

概念が理解できたので、次は実践ですね。

***

手作りお菓子を子供と一緒に(食育)

今日のタイトルと関係ない写真ですが、、子供に量計算を教えている時に

スイートポテトを作った時の写真です。

子供達が好きに形を作ったのですが、近くで見ていると口を出したくなるので、

「できたら教えてね〜」と2人にお任せして私はキッチンで料理をしていました。

わぉ!出来上がりは見事にぐちゃぐちゃですが(笑)、

自分で作ったのはやはり嬉しいようで、パクパク食べてました。

何か参考になれるものがあると嬉しいです。

以上、ふと、たちどまる でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。