【インターナショナルスクール】クリスマスイベントに参加してみた。〜あなたはインタースクールに入学させたいですか?〜

この間、お友達に誘われて
インターナショナルスクールのクリスマスイベントに
参加してきました。

あの自由な雰囲気、大学時代に留学していた頃を
思い出し、懐かしく感じました。

なんだかこの写真、
アメリカ〜ンな感じですよね。
校舎全体がクリスマスらしく、
素敵な雰囲気です。

雰囲気はもちろん素敵ですが、
校舎内のインタースクールの学生さん達、
カッコイイなぁと思いながら見ていました(笑)。
やっぱり環境に影響を受けるのだと
つくづく実感です。
日本人でありながら、あの自由さがある独特の雰囲気は
インターならではですよね〜。
あんな雰囲気の学生達、日本の学校では
見かけません。

ここで友達と、

『インターに自分の子供、入れたかった?!』

との話題に。

一緒に行った私の友達は、3人とも海外経験ありです。
私とA子は海外の大学で1年間学び、B子は
海外の大学を出て、C美は海外で働いていました。

でもみんな不思議と、

『インターはいっかな〜。』
(入れたくない派。)

でした。

それはこんな理由です。

・日本人として生まれたからには、
日本人のアイデンティティーを持ってほしい。

・小学校からAll Englishだと、
潰しがきかなくなる。中学受験などは難しいので、
海外の学校への進学になるだろう、と。

・英語を学んでから日本語を学ぶのはとっても大変。
小学校のうちは、日本語の文法的なことも含めて
基本的に日本のことを学ぶべきだとの考え。

私の別の友達はインターに入れてますし、
各家庭の教育方針だな〜とはもちろん思います!
インターに入れたいか入れたくないか(お金も高いですしね、、)
は分かれますね〜。

でもみんな、英語はこれから必須だと考えているので、
子供には英語を取り入れています。
幼少期から始めた方がいい派です。
ガッツリと英語をするわけでもありませんが、
英語耳はやはり存在すると思いますし、
幼少期から英語に慣れ親しんだ方が良いと思っているので、
それぞれ取り組んでいます。

そこまでしてないよ〜なんて言いますが、
取り組んでいる内容を聞くと、
結構やってない?と私は思います(笑)。

良いとこどりになりますが、
みんな学生時代には留学をさせたいと
思っているようです。

『日本人としてのアイデンティティーを持ちながら、
英語ができる人になる』のが目標かな。

今の小学校低学年世代ですが、
中学受験に英語が入るのも遠い未来では
ない気がします。

そんな意味でも、何も英語をやらないのは
やはりリスクがあるかな、、と思います。

私自身も英語のシャワーをたくさん浴びて、
もっと英語を勉強したいな〜なんて
英語熱も入りました。

以上、ふと、たちどまる でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。