【小学校低学年】子供の国語力を伸ばすオススメ参考書

中学受験を頭に入れて
日々の学習に取り組んでいる我が家ですが、
低学年のうちから伸ばしておきたいのは
「国語力」だと思い力を入れています。
(入れているつもりです 笑。)

国語力が無ければ
そもそも問題が理解できないし、
何を聞かれているのかも
分からないと思っています。

今日の習い事で、
近くに座っていた高学年の
受験生を持つ保護者が
話していたのが
聞こえてきました。

「やっぱり国語力よね〜。」

「国語力は全ての教科に通じるし。」

「国語力が無ければ
問題が理解できないわ。」

なんて話していたのを聞いて、
私も「やっぱり!」と確信しました(笑)。

今日のピグマ(サピックスの通信教材)の問題、

「A君は前から数えると何番目でしょう?」
「A君の前には何人いるでしょう?」

こんな感じの問題だったのですが、
これこそ国語力かな〜と思いました。
聞かれている事自体は簡単ですが、
A君を含めるか、含めないかを
読み取れないと不正解です。
(ピグマって、やっぱり思考力を
鍛えるにはいいかも (・∀・) )

長々となりましたが、
我が家では国語力強化の為に、
こちらの問題集に取り組んでいました。

が、、、

上の子1年生には難しいかも?!?!
と思い、途中まで進めていましたが、
潔くストップする事にしました。

とても良い問題集だと思ったので、
3年生くらいで再チャレンジしたいと
思います。

9歳の壁を
乗り越えていないからか分かりませんが、
まだ抽象的な意味合いを
汲み取る力が我が子には
育っていないと思いました。

で、かわりに
こちらの問題集を。

問題集というか漫画かな。

これがなかなか良かったので
紹介したいと思います。

漫画だと具体的でイメージが付きやすく、
子供も抵抗が無さそうでした。

我が家では、
絵本の読み聞かせのついでに
1,2ページ読んでいます(*´ω`*)

2年生中には
終わらせて、もう1巡したいな〜と
思っています。

以上、ふと、たちどまる  でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。