【日常で理科を意識してみる】子供たちとカレー作り

昨日は習い事のない1日。
上の子からリクエストされていた
カレーを作りをしました(*´ω`*)

そろそろ、日常生活を通じて
理科の導入をしたいと
考えていました。

上の子は、花に興味がありません。
ガーベラを見て、
「バラの花?!」と
聞くくらいです。

子供は興味がある事からの
吸収は驚かされるものがありますが、
逆に興味が無いと、
本当に気にも留めないのね、、
と思います。

3年生から理科が始まるので、
今のうちから理科に興味を持たせたいと
思っていました。

そこで、

昨日した事は、

●人参、ジャガイモ、玉ねぎの花の
写真を見せる(ネットからです。)

●ジャガイモのデンプンについての説明

●余り野菜をたくさん入れたので、
季節の野菜について説明する

こんな事くらいでしたが、
教科書だけから学ぶ事と、
実際に見て体験した事は
違うと思います。

こんな小さな種まきが
いつか花が咲くと良いのですが。。

とりあえず、私が
理科嫌いだったので、
子供たちには興味を
持ってほしいと
思っています。

さて、以前購入しておいた
こちらの子供用包丁の
出番です〜。

意外と切れます(笑)。
が、やはり購入して良かったと
思えるものでした。

サイズも小さめだし、安心設計。
子供用包丁ですが、
これを使いこなせるように
なれば、かなりのものだと思いました。

いつものように
テーブルに新聞を敷き詰めて、、
早速お料理開始です。

下の子用にも包丁を購入しています。
でも、上の子の包丁に比べたら
おもちゃみたいなもの。

ひたすら刻んでいました(笑)。

人参、玉ねぎ、ジャガイモを
切り、余り物野菜の白菜を入りのカレー。
(お家カレーは何でもアリですよね 笑。)

上の子、白菜が冬の野菜だとも
知らなかった様子。
キャベツと区別は
できてたので一安心。

出来上がったカレーを見て、
子供たちも嬉しそうでした。

京紫大根の漬物と一緒に。

子供たちのはしゃぐ様子を
見ていると、好き嫌いを無くすにも
一緒にお料理をするのは
効果的な気がします(・∀・)

子供たちも満足、
私は達成感で満足(笑)の
1日です〜。

以上、ふと、たちどまる  でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。