【中学受験】小学校低学年でできる事。やっぱり普段の生活の過ごし方が大切かもと思った件。

つい先日、書店にて、主人と冷やかしで
某難関中学の赤本を見ました。

もちろん、中学受験は
上の子の意思だし、
本人が希望した学校に
入学してほしいと
思っています。

が、私達も親の希望が
あるもので(笑)、、

できれば私達は、
これからの社会に柔軟な考えで、
グローバルな視点を持った
中学がいいなと思っています。

で、冷やかしで見た赤本に、

ピーマンの断面図を選ぶ問題がありました(笑)。

私「なにこれ 笑。
すっごい簡単!!」

主人「正解はAでしょ?!」

私「?!?!?!」

正解はBでした。
というオチです(・∀・)

何が言いたいかと言うと、
日々の生活が大切だと思うと同時に、
勉強がペーパー漬けではいけないな〜と
再認識しました。
(主人も難関中学ですが、
ペーパー漬けではないと思います 笑)

普段の生活の中から、
色んな分野に興味を持たせる事が
大切であると思うし、

社会や理科が
始まる3年時に、
聞いたこと、見たことがあると
スムーズに進みますが、
全くはじめてだと
とっつきにくい。

理科や社会なんて、
日々の生活に繋がっている事が
多いと思うのです。

赤本でみた
ピーマンの問題だって
そうだと思いました。

時事ニュースに関心を持つ事が
社会につながっているし。

まだ入塾前の低学年、
この時期を大切に、
沢山の種まきをしてあげたいと
つくづく思いました。

中学受験が最終目標にならないよう、
この時期に沢山の種まきをしてあげる事で、
知的好奇心を育ててあげたいと思います。

つい沢山のペーパー問題をさせたく
なってしまいますが、
ほどほどにし、
上の子の興味がある事、
また、興味を引き出せる事に
時間を割きたいものです。

ちなみに、、
赤本の算数ですが、
めちゃくちゃ難しかったです!!
多分、私は解けないかも(・∀・)

でも、よく考えると、
小学1年からの積み重ねが
大切な事が分かります。
規則性を見つける視点なんか、
今やっている「トップクラス問題集」の
ひねり問題だと思いました。

もうすぐ春休み。
というわけで、
前から気になっていた
工場見学に申し込みをしました(*´ω`*)

種まき種まき〜。

申し込みをしたのは、キューピーのマヨテラスです。

予約|マヨテラス|キユーピー
キユーピーのマヨネーズの“なるほど!”を楽しく体感する施設「マヨテラス」のご予約についてご案内します。

こちらは、また体験記を
ブログで報告したいと思います。

他にも行きたい工場がありますが、
もう人数いっぱいかな、、。
春休みだし。

もう少し、特別体験をしたいと思い、
ネット検索中です〜。

以上、ふと、たちどまる  でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。