親が家庭学習を見るメリットについて考えてみる。

我が家では、上の子が3歳から朝学習を取り入れてます。

小学2年生の今は、
朝6時15分くらいに起きて、1時間の朝学習です。
下の子も同じく朝学習で、一緒に取り組んでいます。

最近感じる親が家庭学習を見るメリットですが、

「子供の苦手分野がわかる」

という事です。

やはり、「この問題解いてね〜」と
自分でやらせるだけでは、
子供の理解力も足りない気がします。

それと、

「子供の安心感」

もあると思います。
一緒に席に着く事が
大切なのかな、、と。
リビング学習のメリットですよね。

小学1年生の頃はあまり感じませんでしたが、
2年生になると苦手分野が
分かるようになってきました。

ずはり、上の子の今の苦手分野は、

「時計計算」

です。

時計は読めますが、
少し高度になって
5時間後は?!とか、
1時間20分後は?!
なんて問題になると
ボロボロです。

あとは、
計算スピードが
少し遅いのも気になります。

ちょっと思考力ばかりに
力を入れすぎたかな、、と
思っています(・∀・)

国語は文章題は
まずまず解けますが、
語彙力がもっと必要かな、、と。

そこで、とりあえずは時計計算と
計算スピードを
上げる為に、
こちらの問題集を購入しました〜。

購入してから2週間くらい経過しました。


1枚にそれほど時間はかからないので、
寝起きの1枚といった感じです。

時計の計算問題は、
公文らしい?!問題です。
とにかく繰り返し繰り返しです。
時計問題に限っては、
もう何度も同じ問題を解くしかないと
思っているので、こちらの問題集は
良かったと思います。

以前、計算スピードを
あげる目的で、100マス計算を
した事がありますが、
上の子は単調すぎて
好きになれなかったようです。

こちらの計算問題は、
面白いようで、苦もなく
解いています。

以上、ふと、たちどまる でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。