あなたはどちらを選ぶ? 名門公立小学校 or 有名私立小学校?

名門公立小学校は本当に存在するのか?

よく噂を聞く有名公立小学校とは、本当に存在するのでしょうか。私の意見は、『はい。存在します』です。かく言う私も、わざわざマンションを売却までして、有名公立小学校として名がある小学校学区に引っ越してきました。同じ幼稚園でも、そんな選択をしたのは私くらいなもので、公立小学校の為に引っ越すと話すととても驚かれました。わざわざマンションまで売って?です。私立小学校、国立小学校受験を考えていた時期もありましたが、総合判断で有名公立小学校への入学を決め、今はこの判断に満足しています。

名門公立小学校に通うメリット・デメリット

メリット

教育に熱心な家庭が多く集まる為、環境が安定しています。学級崩壊など聞いた事がありません。もちろん学年により、ゴタゴタも多少なりあると思いますが、それは私立でも国立でも皆無ではありません。多少のゴタゴタの中で心の成長があるものだと考えていますが、学級崩壊は大きすぎる問題です。

私が考える学級崩壊の要因は、少数の子供が環境を乱し、周りも巻き込まれることと、それを押さえられる力のある先生の不足です。能力のある先生は、低学年・高学年につく事が多く、ギャングエイジに突入する中学年で子供達をまとめられなくなり学級崩壊に至るのではないかと思います。
名門公立小学校の場合、幼少時から習い事をしている子供も多く、授業中は静かにする等の基本的なことが出来ている子供が多い、力のあるしっかりしている先生もなぜか多いので学級崩壊が起こりにくのではと思います。

❷学校側も名門小学校の自覚があります。熱心な先生も多く、色々な取り組みを行っています。有名公立小学校も、学校によっては英語に力を入れ、「English room」を作るなど特色を出し、名門公立小学校はさらに特化した存在となります。

中学受験に対して肯定的である先生が多いです。私の子供の学区の小学校は、中学受験に肯定的な為、宿題の量を少なくしています。もちろん、塾の課題を考慮している為です。中学受験に否定的な先生の場合、あえて宿題の量を増やすと言うケースも実在します。

中学受験をする割合が7〜8割以上と多い為、中学年になると塾へ通うのが自然な事となります。塾へ行かずとも、勉強するのが普通であるという考えの子供が多くなります。

❺PTAが活発な学校が多いのではないでしょうか。私自身が学べる公演も多く、一流の方々の話が聞けるなど、心の成長にも熱心に取り組んでいます。

❻中学受験せずに公立中学校に通う選択肢もありますが、ある程度勉強ができる子供が多い為、中学校も同様に良い環境となります。

デメリット

❶公立小学校は、文部科学省が告示する学習指導要領に基づいて行わなければならない為、私立小学校並の特色は望めません。これも、名門公立小学校でも所詮は公立と言われる所以の1つでしょう。

❷学区の居住費が高い場所が多く、また引っ越したいと思っても、物件をすぐに見つけられません。

名門公立小学校のリアル

あくまで、私の子供が通っている小学校です。しかし、他の有名公立も似たようなものだと思います。

❶習い事をしている子供がとても多いです。平日の週1日、2日以外は習い事をしている子供達が多い気がします。教育熱心な為、勉強系にも力を入れています。

❷御三家など、偏差値が高い中学校に合格している子供はもちろんいます。しかしそれは、小学校での勉強ではなく、落ち着いた小学校生活と家庭での勉強の取り組みによるものが大きいと思います。

❸引越してきた家庭がちらほらいます。多いと言ってもいいくらいです。初めましての友達も多いので、引越し組みでも環境に慣れやすいです。

❹お母さま方のお付き合いは私の想像以上にしやすいです。驚いた事に、幼稚園時代よりも友人がすぐにできました。引越しまでする程なので、行動的な人が多いのかなとも思います。教育熱心だからと言って付き合い難い事もなく、個人的には魅力的な方が多いと思います。

教育熱心な学区は、幼稚園も素晴らしい園が多いです。以前住んでいた場所は、住みやすさで人気の場所でしたが、幼稚園探しが大変でした。現在の地区は、どこの幼稚園でもいいと思える程、環境と教育理念がしっかりとしています。

引越し時期はいつがベスト?

早いに越したことはないと思います。実際に私も物件探しに苦労しました。
私達のベストタイミングは、子供が幼稚園年長児の秋〜冬にかけてでした。年中から色々と公立小学校を周り、賃貸物件を探しましたが(我が家の場合、マンションを売却しての引越しだった為、とりあえずで賃貸物件のみ探しました)、不動産屋に言われるのは、とにかく物件が少ないことと、空室が出たらすぐに入居出来なければ他の人に取られる可能性が高いという事です。他の学区も候補にしていましたが、今の学区よりもはるかに物件数が少なく、賃貸費用が予想以上に高すぎました。現在住んでいる物件は、子供が幼稚園年中の春に空室が出た瞬間にキープをとってもらい、週末に内覧、翌々週に賃貸契約をしました。

私立小学校、国立小学校という選択肢

これは各家庭の教育方針です。と言ってしまえば元も子もありませんが、我が家の場合は、社会の縮図の様に色んな子供達がいる中で多少もまれてしほしい、中学受験をさせたい、という2つの理由が公立小学校を選んだ大きな理由です。もちろん、学費が安いのも魅力的ですよね。受験回数は2回以上は精神的に苦しいと思いますので、中学受験と大学受験を考慮した上でです。
国立小学校も良い環境も魅力的でしたが、そもそも合否にくじ引きがあるので、受験対策をしても運次第、また通学時間が長くなるのもネックでした。国立小学校の子供達もほとんど塾通いになるので、長い通学時間は時間がもったいないと考えました。
また、国立小学校の入試方法が大幅に変更される可能性が出てきたので、もし私が現在幼稚園年長を持つ親でしたら、国立小学校の選択肢は外します。
最近話題にもなりましたが、国立小学校がどう変わるかと言えば、学力検査を重視しない入試、エスカレーター式に進学できる内部進学を見直す可能性もあるという事です。(詳細は文部科学省のHP参照 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/077/gaiyou/1394996.htm)
今の国立小学校が成り立っているのは、入試試験を課すことで、ある程度できる子供達を集めているからこそです。実験校的なカリキュラムで過ごしていける子供達をあえて選んでいるのです。誰でも入れるのであれば、動物園と化すのは目に見えています。その上に内部進学もできなくなるのであれば、メリットが何もありません。

まとめ

名門公立小学校を一言で言うならば、私立のような公立です。公立は平均を求めるので、私立並みの勉強サポートは期待できませんが、落ち着いた素晴らしい環境の元で小学校生活を送れるのはとても魅力的な選択肢だと思います。「わざわざ公立の為に引っ越す価値はあるの?」「どこの公立でも同じだよね?」この2つはよく聞く質問ですが、公立にも特色があり、名門公立はさらに先を進んでいると思います。わざわざ引越し、大いに価値ありだと思います。

小学校受験組は、費用もお手頃で環境が整っている国立小学校を目指すか、私立小学校を受験するかでした。しかし、文部科学省の動向を見ると、今後は国立小学校受験を見直す家庭も多く出てくるのではないかと思います。次の候補としては、名門公立小学校ではないでしょうか。もしも名門公立小学校を希望するのであれば、学校毎に特色もカラーも違う為、学校参観に行き希望の学校を早く見つける事と、住居の相場を知り早めの引っ越す準備をお勧めします。

以上、ふと、たちどまる。でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。