幼児期からの早期英語教育は必要?

英語を幼児から習得するメリット

先日、今でしょ!の林修先生が、TBS系のテレビ番組で話した内容が話題を呼びました。詳細は、「英語ができる人は早期英語教育に否定的。やらせたがる人は英語ができない人」という内容です。
私は、若干やらせも入っているのかな〜とも思いましたが、早期の英語教育については賛否両論あるように思います。
主人は英語ができるレベルで、私もそこまでではありませんが、一般会話なら話せるレベルです。私達夫婦は、英語は幼少時から学ぶべきだ、と考えています。
理由は以下の通りです。

幼児期は脳の黄金期です。どんどん吸収できるので、日本語・英語とこだわることがなく吸収できます。
発音が綺麗になり、英語の聞き取りができる耳もよくなります。
海外では幼児期からの英語が普通だからです。

私たちは、10歳の壁(T.アンダーソン博士の言語習得理論です。0〜10歳までを言語形成期と呼び、理屈なく覚えられると言われています。)
を迎えるまでに、実践的な英語力を自然に身につけてあげたいと考えています。

早期英語教育に否定的意見

早期英語に関して否定的意見としては、

・幼少時は思考力を育てるべきである。
・英語を学びたいと思った時期が始めどきだ。
・幼少期に学んだ英語は忘れるだろうから、お金の無駄である。
・今の子供達が大人になった時には、さらにITが発達し、どんな言葉でも聞けるアプリができてるだろう。

などなど、他にも様々な意見が出ると思います。

幼少期は思考力を育てるべき、私も賛成です。でも、どうして思考力と英語力の両方を育てないのでしょうか。

英語を学びたい時期が始めどきだ、そうですよね。私は中学から英語にとても興味を持ち、大学で留学しましたが、英語習得に苦労しました。
一緒に大学で学んだ友人は帰国子女で、私が日本で勉強した英語レベルとは比べ物にならない程でした。勉強が足りないと言われればそれまでですが、現在の日本の英語勉強は、
reading, writingに比重があり、listening, hearingが圧倒的に足りない為、英語を聞けて書けても、海外では話せない日本人がたくさんいます。
この4つの能力は別物と考えるべきです。私はそれなりにlisteningを勉強しましたが、簡単な言葉でも主人は聞き取れて、私は聞き取れない事があります。
幼少時の耳の聞き取りが関係しているように思います。

小さい頃に学んだ英語は、3ヶ月使わないと忘れると言います。では、忘れないような英語の家庭環境にしていきましょう。

今の子供達が大人になった時、もしかしたら素晴らしい発明がされて外国語の壁は無くなっているかもしれません。
でも、それはあくまで想像です。無くなっているかもしれないし、無くなっていないかもしれない、というのが未来です。

海外の英語事情

日本の英語教育については、昔とさほど変わっていないように思います。
では、海外での取り組みはどうでしょうか。
シンガポールは、ほとんどの人が英語と中国語のバイリンガルです。
私は留学時代に、仲の良いシンガポールの友人に「なんでみんな英語が話せるの?」と聞きました。「必要だから。」と答えました。どうしてそんな質問するの?という様子でした。
シンガポールは幼少時から英語を使うのが普通の環境です。逆に、日本人が英語の授業はあるのにどうして話せない人が多いのか不思議に思っていました。
シンガポールを例にあげましたが、EF Education Firstの世界最大の英語力ランキングによると、日本は72カ国中の35位です。(詳細はこちら→ http://www.efjapan.co.jp/epi/)
能力レベルが「低い」に入っています。こちらのランキングには、アメリカやイギリスなどの英語を母国語とする国は含まれていません。
英語を母国語としていない他の国々でも、ネイティブと同等レベルに話せる国がたくさんあるのです。
日本の早期英語教育に関しては、日本国内の事情だけを考えるのではなく、世界レベルを見た上で考えていく必要があると思います。

英語を話せるようにするためには?

インターなどは別ですが、週1回の英語教室や教材のみでは、残念ながら話せるようにはならないと思います。
日本は単一民族で他の国の人と関わる機会など滅多にないので、「家庭でどれくらい英語環境を整えられるか」がポイントだと思います。
我が家で取り組んでいるのは以下の通りです。

・テレビを見る時は、英語で見る。
 子供が「絶対日本語で見たい!」とならないように、いかに英語で見る環境を普通にするかがポイントだと思います。

・親が子供に英語で話しかけるのを普通の環境にする。
 「どうして今英語で聞くの?」とならないように、英語で話されても抵抗のないようにしましょう。私も文法に自信がない時がありますが、とにかく話しかけるように意識しています。
流暢に話せるか、話せないかは問題無いです。シンガポールの英語はシングリッシュと言われているように、国によって訛りがあるのも事実です。色んな発音があって当たり前、それよりも環境作りを大切にしましょう。
 英語教室によっては、家庭では話さないでください、という方針もあるようですが、私は環境作りの方が大切だと思います。

・子供が自分で話したい環境を作ってあげる。
 自分が話そうとする事が、発語が増えるきっかけになります。
 話しやすいように、始めは「Do you like〜?」からでもいいので、答えやすい質問をしましょう。

・寝る前には英語の本を読んであげる。
 我が家では、日本語と英語の絵本を読んでいます。

・なぜ英語をする必要があるか考えさせる。
 小学生にもなると、なぜ今英語を勉強するのか動機付けが必要になってくると思います。
 英語が話せるとこんなことができる!と話してあげると、モチベーションにもなります。

・親が努力をする
 日本にいて話せるようになるには、覚悟と相当な親の努力が必要だと思います。
 これが一番大きいように思います。私も色々な本を見て、子供に実践していますが、まだまだ発達過程だと思います。
 もうこんな文章を理解できるの?!と驚くこともあれば、こんなレベルの文章がわからないのか、、と落胆する時もあります。
 でも、諦めずに今は発達過程だと思い、「バイリンガルにする!」という高い目標を持ち続けるのが大切だと思います。
 

まとめ

海外での英語事情を見た時、日本の環境がいかに遅れているかがわかるかと思います。
今の子供達が大人になった時、ますます世界の人と関わっていかなければならない環境になるはずです。
その時、私は英語が話せません。では、ステージにすら上がらせてもらえません。
幼児期からでなくとも、英語習得は必須だと思います。
どうせ英語が必要であるのなら、メリットが多い幼児期からはじめてはいかがでしょうか。
幼児期の英語習得に関しては、近道はないと思います。
親の覚悟と努力から始まり、いかに家庭で英語環境を整えるかだと思います。
絶対にこの方法というのはなく、各家庭が試行錯誤をしながら、自分達に合う取り組みを探していく他ないと思います。
私自身、まだまだ勉強中なので、良いアイディアがあったらまたシェアしていきたいと思います。

以上、ふと、たちどまる。でした。

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。