『子育てが辛い人』と『子育てが楽しい人』はどこが違うの?

「子育てを楽しめる人」と「子育てが楽しめない人」の違いは何でしょうか?
同じ時間を過ごすなら、子育てが楽しい!と思える時間を過ごしたい、そう誰もが
思うのではないでしょうか。

子育てが辛い!と感じる時

・子供にイライラする時
・家事に追われ、気がついたら時間だけが経っていると感じる時
・今日は子供としか話していなくて孤独を感じる時
・子供が反抗的に言うことを聞いてくれない時
・自分の時間を持てない時
・体力的についていけない時
・子供を可愛いと思えない時

どれも少なからず、お母さんだったら感じた事がある感情だと思います。

では反対に、どんな時に子育てを楽しいと思えるのでしょうか。

子育てが楽しい!と感じる時

・子供の成長を感じる時
・子供がお母さん大好きって言ってくれる時
・お互いに認め合えている時
・自分の言うことを素直に聞いてくれる時
・自分自身も満ち足りている時(心に余裕がある時)

どうしましょう、子育てが辛い時の方がたくさん出てきてしまいます(笑)。

子育てを楽しんでいる人

子育てを楽しめる人かどうかは、ズバリ、「子育てそのものに興味があるかないか」がポイントだと思います。
例えば、子育てに興味があるとこんな風に考えると思います。

・子供の発達についての知識を勉強する
・子供がどんな大人に育ってほしいか考える
・どんな習い事をさせようか調べてみる
・教育本を読んでみる
・子供のお友達も欲しいから、児童館へ行ってみる

などなど。
子供のことをあれこれ考えるだけで、
興味が興味を呼び、自分の環境を変えつつも
子育てが楽しくなっていくのだと思います。

では、子育てを楽しむためにはどうすれば良いのでしょうか。

子育てを楽しくするヒント

❶まずは、子育ての楽しさを学ぶことです。
子育ての醍醐味は、やはり何も分からない赤ちゃんを一人前の大人に育てあげていくことだと思います。
とてつもなく大きなプロジェクトです。

でも、仕事のようにすぐに成果が出ないからこそ
もどかしく、辛い時期だったりするのだと思います。

だからこそ、自分なりの子育ての楽しさを自分自身で見つけていくのが重要です。

私は、幼児の成長過程に興味があったので、幼児教育の家庭保育園を始めました。
どの年齢で何ができるか、その為にはどんな働きかけをしたらよいのか、
どんな運動プログラムが向いているのか、などはとても興味があることでした。

結果的に、子育てそのものに興味を持ち、楽しめていると思います。

❷人間は誰しも、誰かに認めてもらいたい生き物だと思います。
「承認欲求」ですね。
子育て中は誰が承認してくれるのでしょうか。
一番近い存在は旦那さんでしょう。
でも、仕事を遅く帰ってきて「今日も子育てお疲れ様」なんて
言ってくれる旦那さんはそういないと思います。
自分も疲れているし、むしろ「お疲れ様」と言ってほしいくらいでしょう。

そうなると、「自分で自分自身を認めてあげる」という事が
意外と大切なのではと思います。

上の子の子育て中、第一子目という事もあり、
右も左もわからない状態での子育てで
悩み事も小さなことから大きなことまでありました。

その中で、ちょっと年上の友人に子育ての悩みを愚痴っていた時、
「○○ちゃん、子育て頑張ってるじゃない!」と言われた時に
涙がダーーーッと出てきたことがありました。
いやいや、子育ての愚痴を言ってるのになんで私泣いているのって感じでした。

みんな子供の事に目はいくけど、お母さんに注目はしません。
おじいちゃんおばあちゃん、旦那さんは子供の成長を喜んでくれますが、
お母さんにはどれくらい目を向けているでしょうか。

「自分で自分を認めてあげる。」
子育て頑張ってるじゃん!そう思って、自分を可愛がって
あげることが大切だと思います。

そして、やはり夫婦はお互いを思いあっていたいのが理想の形です。
旦那さんにだけ変わってほしい!というのは無理な話です。
日本人は外国に比べると「ありがとう」と素直に言えません。
以心伝心を期待しないようにしましょう!
言葉で伝えないとわからないものです。
まずは、旦那さんに「ありがとう」の気持ちを伝えてみましょう。
きっと夫婦関係もお互いに認め合える関係に変わると思います。
私も、主人にはありがとうの気持ちを伝えるようにしています。
主人も、私に家事や育児の感謝の気持ちを伝えてくれます。

❸自分のストレス発散方法を見つけておく。
制限がある中での自由が大切だったりします。
私の場合だと、子供がお昼寝している間に美味しいコーヒーとお菓子を食べる。
私は1人の時間が欲しい人間なので、本を読んで何かを勉強したりしていると
自分らしさを取り戻せます。

テレビを見てダラダラと時間が過ぎるのが嫌なので、
本か雑誌を読んでいるのが好きな時間です。

❹子供にイライラした時の対処法を考えておく
正直、子供にイライラしない人なんていないと思います。
自分の都合で怒ってしまった時は、子供に素直に謝りましょう。
子供が悪いことをして怒った時は、同じ年齢で考えないようにしましょう。
この子はまだまだ小さい幼稚園、小学生なんだ、と。
イライラが最高潮の時は、自分で気持ちを切り替えて
落とし所を見つけないと、いつまでたってもプンプンイライラが収まらないと思います。
まずは自分が冷静になるように一旦距離を置く、
子供の目を見る(怒ると目も合わせないようにしてしまうので、
子供の目を見て見ましょう。意外と冷静になれます。)などして
気持ちを切り替えるようにしましょう。

同じ時間を過ごすなら、苦しい時間ではなく楽しい時間を過ごしたい、と思います。

少しでも、子育てのヒントになれば嬉しいです。

以上、ふと、たちどまる でした。

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。